高齢者はどのくらいの頻度で入浴するべきですか?

高齢者を入浴するときは、目を刺さず、シャンプーとして倍増することができる穏やかな石鹸を使用してください。 また、乾燥肌を避けるために入浴後にローションを追加することもできます。

毎日入浴する文化の中で、実際には高齢者はどのくらいの頻度で入浴するべきですか?

Fargo,N.D.のeldercareコンサルタントCarol Bradley Bursack氏によると、週に1回は問題ないはずだ。”彼らは皆、毎日シャワーを浴びるために私たちを奇抜だと思っていたでしょう”と彼女は書いています。 “健康上の問題のために、毎週のシャワーは大丈夫でなければならず、スポンジバスが必要だと思うなら、それは助けることができます。”

あなたも好きかもしれません:古い時代にあなたの移動性を保護する

人々は主に臭いのために入浴し、それを防止します。 腕や鼠径部の下には、より厚い汗を分泌する腺があり、皮膚表面の細菌と混合し、強い臭いを作り出します。

そのため、別の専門家は、顔、鼠径部、胸や皮膚のひだ、脇の下の毎日の清掃を推奨しています。 完全なボディ浸ることはより少なく頻繁に起こることができるJennifer Serafin、サンフランシスコの看護婦の従業者は同意する。 皮膚は、あなたが年を取るにつれて乾燥し、より壊れやすい傾向があります。 頻繁な入浴は、乾燥した肌、かゆみ、刺激を引き起こす可能性があると彼女は書いています。

高齢の大人を入浴するとき、彼女は目を刺すことはありませんし、シャンプーとして倍増することができ、穏やかな石鹸を使用することをお勧めします。 また、乾燥肌を避けるために入浴後にローションを追加することもできます。

一つの例外は、認知症の人である可能性があります。 認知症の高齢者の介護者は、入浴が日常の一部になると、抵抗する可能性がはるかに低いため、毎日高齢者を入浴する方が簡単かもしれないと言いま

シャワーや浴槽での入浴は、シニアをきれいにする最も簡単な方法です。 しかし、先輩が拒否したり、移動性が問題になったりすると、スポンジバスも同様に機能します。

ステップバイステップの手順には、すべての消耗品を収集し、あなたの高齢者が暖かく覆われていることを確認することが含まれています。 顔や頭から始めて、体を下に移動し、最後に鼠径部を保存します。 暖かさおよびプライバシーのために、現在洗浄される身体部分だけ覆いを取って下さい。

一度に一つの領域を拭いて、汚れた布で拭いていないようにセクション間の手ぬぐいを変更します。

水のない洗剤、入浴用ワイプ、無すすぎシャンプーを使用することができますが、通常は残渣を残すので、洗浄後はきれいな湿った布で拭いてください。

トイレを使用した後の鼠径部の清掃は、尿路感染症の予防に役立ちます。 高齢者は、トイレに行った後に湿ったワイプを使用する習慣があるはずです。

トイレに安価なビデを追加することは、鼠径部を清潔に保つための別の方法です。

毎日シャワーを浴びることは、シニアを清潔に保つつもりはなく、皮膚を乾燥させる危険があるので、毎週お風呂に固執してください。 そして沢山のmoisturizerをその後使用することを確かめなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。